withcolor - PHOTO IS 705NK

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

見つめていたい

f0134737_2393381.jpg

まあ、のんびりいこうよ。
ちょっとあたしと寄り道でもしながらいこうよ。
あたらしい扉がみつかるよ。
[PR]
by fantasysky | 2008-02-27 00:00 | images and words

やさしい光を浴びる

f0134737_0242566.jpg

やっぱり君がスキ
[PR]
by fantasysky | 2008-02-26 00:00 | images and words

key

f0134737_20342871.jpg

幼い時の記憶が潜在意識を操作する
[PR]
by fantasysky | 2008-02-09 00:00 | images and words

New FM2

今日はお出掛けでしたので、 New FM2 を持って行った。気に入った構図で撮影してみる。「カシャンっ」フォーカルプレーンシャッター音が心地よい。電子制御でないところがポイント。オトそのものが宇宙なのだ。カメラの中でひとつのユニバースを構築している幸せ。低速シャッター時の「ジィーーー」「カシャンっ」が生きている喜びすら感じさせてくれる。露出計を眺め瞬時にダイヤルを廻す。ダイヤルのクリック感も果てしなく心地よい。ネガなので、少しオーバー気味に撮りたい。オーバーで撮るのは保険みたいだが、プリント時でどうにでも出来るのでココはオーバーだ。モノクロームを入れているので、周りから古い写真みたいと云われ不思議そうな批評を頂戴するが、わたし自身が嬉しいのでこれいいとしている。何かの記念行事だけはカラーネガを入れることにしてます。こうして、1本のスリーブの中に物語が刻まれるのです。
f0134737_20542857.jpg

[PR]
by fantasysky | 2008-02-08 20:54 | photo of life

time is present

やっぱりスナップ写真は、フィルムがいいと思う今日この頃。つい最近 New FM2 で撮ったモノクロームは、とてもステキだった。その場の感覚感が残されていて、軟らかい光と影が被写体を生き生きと輝かせてくれる。Nikkor Ai-S 50mm F1.4 はニコンらしからぬ軟らかい表現が得意。普通のニッコールなら、カリカリの印象でエッジが効いたというのが定番だが、この Ai-S は例外。なぜか、軟らかい。この軟らかさがスキなのです。モノクロームフィルムを入れることで諧調がさらに豊かになり、何ともいえない至高のひとときをフィルムに露光してくれる。カメラの裏ブタを閉めるとそこは、誰も踏み込むことの出来ない闇を満たす。その闇へ自分の思考を光の粒に昇華させフィルムに「永遠」の時を刻み込む幸せの瞬間。それがフィルムカメラ。好きな露出で、好きなピントで。ねっとりとしたピントリングを廻す喜びを知る。スキャニングはせず、プリント出力だけ。モノクロームを小粋なフレームに飾る。贅沢な味わいだ。
f0134737_21431994.jpg

[PR]
by fantasysky | 2008-02-05 21:44 | photo of life

カギ

f0134737_1441459.jpg

思い込みをクリアする鍵を見つけよう
[PR]
by fantasysky | 2008-02-05 00:00 | images and words